HIVウイルスに感染したら

HIVの治療について

そもそも人間の体には、免疫システムが存在していて、何か身体に異常が起こると、その免疫システムが稼動して、病気を治癒する働きをします。しかし、エイズウイルス(HIV)は、そういった免疫システムを破壊して、本来治癒しようとする力を破壊してしまうようになるのです。そうなると、ちょっとしたことでも、すぐに病気になってしまい、ガン等治りにくい病気にもなります。オーラル エイズに感染する可能性は否定できません。かつて、エイズとは不治の病でしたが、現代では、新しい薬の開発が進んで、とりあえず命をつなぎとめることが出来る病気になりました。エイズはRNAウイルスですが、これをDNAに変換させるように、逆転写酵素阻害剤やプロテアーゼ阻害剤を使用します。また、逆転写酵素素材剤には、核酸系逆転写酵素阻害剤と非核酸系逆転写酵素阻害剤もあります。エイズの治療には、これらの薬をいくつか一緒に使用する方法で、HIVウイルスを増やすことを止めようとするものです。しかしながら、エイズのウイルスはさまざまな変化して、そのスピードも速く、それに従って薬が効かなくなったりする場合もあります。ですから、結局、この病気は大変深刻なものとなっています。早期発見や感染予防のためにも、年に一度以上のHIVウイルス検査をお勧めします。